認知症対策のための選択肢とその比較

query_builder 2023/03/23
富士宮市_相続不動産
【認知症対策】 全比較!認知症による資産凍結を防ぐには? (1280 × 960 px)

認知症になった場合、財産管理に関する問題が発生する可能性があります。そのため、認知症対策を行うことが重要です。認知症対策の主な手段には、生前贈与、任意後見、家族信託があります。それぞれの手段の特徴を比較してみましょう。

生前贈与

生前贈与は、所有者の資産を贈与することで、認知症による資産凍結を防ぎます。ただし、贈与税が発生する可能性があるため、専門家に相談する必要があります。また、贈与後に贈与内容を変更したり取り消すことができません。

任意後見

任意後見は、認知症になった場合に代理行為を行う任意後見人を選定することで、自分自身や家族の財産を守ることができる制度です。ただし、任意後見人に対し、一定額の報酬が発生することや、公証役場で契約の締結が必要であることなどがデメリットです。

家族信託

家族信託は、信託契約書によって、自分の資産を信頼できるご家族に預けて、適切に管理運用してもらうことができる制度です。認知症になった場合でも、自分の資産を凍結から守ることができます。また、自由な財産管理方法ができるため、ご家族ごとの状況に合わせた運用が可能です。


上記の表からも分かるように、それぞれの手段にはメリット・デメリットがあります。各ご家庭の事情を考慮して、どの認知症対策が最適なのかを検討することが重要です。もし認知症対策でお悩みの場合は、司法書士事務所に相談することをおすすめします。

----------------------------------------------------------------------

富士・富士宮相続手続センター

住所:静岡県富士市一色195-7

電話番号:0545-32-8290

----------------------------------------------------------------------